理論と子どもの心を結ぶ保育の心理学イメージ

理論と子どもの心を結ぶ保育の心理学

編著 大橋喜美子
ISBN 978-4-938795-99-3
体裁 B5判 184頁
刊行 2014年9月
定価 本体2,381円+税

特長

「子どもの個と集団の発達心理」「保育者の心理」「保育実践」「評価」をキーワードに、保育実践と心理学の関係に着目し構成。巻末のワークシートでは、自らが課題を設定し、追求していくための行動計画表を作成することで、自ら考え・行動する力をつけていきます。

目次

第1部 子どもの発達を捉える視点をもって保育を行うために

1章 子どもの心と保育を結ぶ心理学

 1節 なぜ保育で心理学が必要なのか
 2節 発達と保育の関係
 3節 保育実践の評価と心理学
 4節 発達観、子ども観と保育観

2章 発達の基礎理論を学ぶ

 1節 発達の理論と子どもの心を結ぶ保育
 2節 思考の発達・知能の発達
 3節 発達と教育の臨界期と最近接領域
 4節 発達観と学習の動機づけ
 5節 精神分析と子どもの発達
 6節 基本的信頼と発達課題
 7節 生涯発達理論

3章 子どもの発達理解

 1節 子どもの発達と環境
 2節 身体的機能と運動機能の発達
 3節 自分に気づくとき・他者の気持ちに気づくとき
 4節 人との相互的かかわりと子どもの感性

4章 年齢別にみる発達と保育実践

 1節 0歳児の発達的特徴と保育実践
 2節 1歳児の発達的特徴と保育実践
 3節 2歳児の発達的特徴と保育実践
 4節 3歳児の発達的特徴と保育実践
 5節 4歳児の発達的特徴と保育実践
 6節 5歳児の発達的特徴と保育実践

5章 発達に支援を必要とする子どもと保育実践

 1節 対人関係を結ぶことが苦手な子どもの保育
 2節 発達に支援を必要とする子どもの保育実践

6章 異年齢にみる発達と保育実践

 1節 異年齢集団にみる支えと支えられる心理
 2節 異年齢集団による保育実践

7章 子どもの言葉の世界とあそび

 1節 言葉のはじまりから自己主張へ
 2節 アニミズムの世界から現実の世界へ

8章 子どもの想像力と創造性

 1節 子どもの想像力とは
 2節 子どもの創造性とは
 3節 子どものあそびとアート
 4節 子どもが創る物語とあそび
 5節 保育実践にみる子どもの想像力と創造性

9章 生涯発達と生きる力の生成

 1節 「生きる力」生成の基礎となる乳幼児期
 2節 集団の心理と発達
 3節 親の心理と子どもの発達
 4節 生きる力と生涯発達

10章 現代社会に育つ子どもの発達と支援

 1節 子どもの発達と幼稚園・保育所・幼保一体化施設
 2節 家庭への支援と家族・保育者の心理
 3節 地域社会の子育てを支える保育と保育者の心理
 4節 現代社会に必要とされる保育の心理と保育の課題

関連書籍