実践しながら学ぶ子どもの音楽表現イメージ

実践しながら学ぶ子どもの音楽表現

編著 石井玲子
ISBN 978-4-938795-78-8
体裁 B5判 216頁
刊行 2018年3月
定価 本体2,477円+税

特長

 子どもの「豊かな音楽表現」を援助するために必要な理論と実践法を紹介します。
 実際の保育現場を想定して、読者自らが主体的に取り組み、学ぶことができるよう構成されています。

目次

序章 「表現」って何だろう

 1節 表現するとは
 2節 総合的な視点でとらえる表現活動
 3節 保育における領域「表現」について
 4節 子どもの音楽表現について考える

I部 子どもの表現を受け止め、育てよう

1章 子どもの発達と音楽表現

 1節 乳幼児期の発達の特性
 2節 乳幼児期の表現の特性
 3節 聴く力の発達
 4節 歌唱表現の始まり
 現場から見た音楽表現の実際
    1「胎児の時から聞こえてる?」
    2「歌の楽しさを身体で感じよう」
    3「つくしは何歳?」

2章 生活や遊びの中での音楽表現

 1節 生活における音遊び・リズム遊び
 2節 子どもの音楽表現をどのように受け止めるか
 3節 保育者の表現への援助
 4節 保育現場での音環境を考える
 現場から見た音楽表現の実際
    4「リズムでサラダ」
    5「ジャンケンポン!」

3章 うたうことを中心とした表現活動1−わらべうた遊び−

 1節 日常の言葉からはじまるわらべうた
 2節 わらべうたの特徴
 3節 わらべうたと童謡の違い
 4節 保育におけるわらべうた遊びの意義
 現場から見た音楽表現の実際
    6「かごめかごめ」
    7「なべなべ そこぬけ」

4章 うたうことを中心とした表現活動2−子どもの歌唱−

 1節 生活や遊びの中での歌唱表現
 2節 保育における「うたうこと」を中心とした表現活動の進め方
 3節 歌唱活動への導入
 4節 新しい歌を教える場合
 5節 教材選択における留意点
 現場から見た音楽表現の実際
    8「おにはそと、ふくはうち」
    9「のねずみのダンス」
    10「おたまじゃくしがカエルになった!」

5章 「コダーイの音楽教育」から学ぶ

 1節 コダーイ・メソッドとは何か
 2節 コダーイ・コンセプト
 3節 コダーイ・コンセプトによる音楽教育の主な道具
 4節 幼児(3~5歳児)のための音楽教育
 5節 日本の保育現場でどのように生かせるか
 現場から見た音楽表現の実際
    11「ハンガリーの幼児教育」
    12「日本での実践事例」

6章 楽器遊びを中心とした表現活動1−楽器を奏でる−

 1節 楽器との出会い
 2節 さまざまな楽器の奏法の工夫と音色の変化
 3節 楽器のある保育環境
 4節 楽器遊びを楽しむ
 5節 保育における合奏
 現場から見た音楽表現の実際
    13「気持ちを表すカスタネット」
    14「地域の祭りと一緒に」

7章 楽器遊びを中心とした表現活動2−手作り楽器で遊ぶ−

 1節 身近な楽器で鳴る音を探す
 2節 手作り楽器の例
 3節 手作り楽器を奏でる
 4節 保育における手作り楽器の意義
 現場から見た音楽表現の実際
    15「水の冒険物語」
    16「太鼓を作って遊ぼう!」

8章 「オルフの音楽教育」から学ぶ

 1節 オルフの音楽教育の理念
 2節 言葉のリズムと音楽
 3節 模倣から始める即興表現
 4節 オルフ楽器による即興演奏
 5節 日本の保育現場でどのように生かせるか
 現場から見た音楽表現の実際
    17「ロンド形式による汽車ごっこ」
    18「乳幼児は何もしていない?」

9章 「ダルクローズの音楽教育」から学ぶ

 1節 ダルクローズの理念
 2節 リトミック教育の特徴
 3節 幼児教育におけるリトミック教育
 4節 日本の保育現場でどのように生かせるか
 5節 リトミック活動の例
 現場から見た音楽表現の実際
    19「お山のコンサート」
    20「海で遊ぼう」

10章 聴く活動

 1節 音や音楽の概念
 2節 子どもと音楽との出会い
 3節 子どもの音楽へのかかわり方
 4節 さまざまなジャンルの音楽を聴く
 5節 音楽的な環境の構成
 現場から見た音楽表現の実際
    21「粘土で音を表現してみよう」
    22「遊びの中の音を聴こう」

11章 創造的音楽づくり

 1節 創造的音楽づくりとは
 2節 創造的音楽づくりの特徴
 3節 子どもの主体的な表現を育てる
 4節 保育現場でどのように生かせるか
 現場から見た音楽表現の実際
    23「音の模様」
    24「ドラムジカ『友だちになろうよ』」

II部 保育者としての表現力を身につけよう

12章 声や歌で表現する

 1節 話し声で表現する
 2節 歌唱法
 3節 歌声で表現する
 4節 子どもたちにとって魅力的な歌声とは
 5節 うたってみよう

13章 ピアノで表現する

 1節 ピアノで表現するということ
 2節 ピアノ奏法
 3節 保育の場におけるピアノの役割
 4節 伴奏・弾きうたいによる留意点
 5節 弾いてみよう

14章 子どもの活動に合わせて即興演奏をする

 1節 言葉の抑揚からメロディーを即興でうたう
 2節 伴奏づけの基礎知識
 3節 移調の方法
 4節 子どもの動きに合わせた即興演奏の方法

関連書籍