相談援助論イメージ

相談援助論

編著 杉本敏夫、豊田志保
ISBN 978-4-938795-95-5
体裁 B5判 180頁
刊行 2013年10月
定価 本体2,381円+税

特長

 保育現場における相談援助・ソーシャルワーク実践に焦点をあて、その具体的な技術や方法論およびベースとなる基礎理論もわかりやすく解説。

 ワークシートでは、章で学んだ内容に関する短編事例について考察し、今後の学習目標の設定や、それを知るための行動計画の作成やまとめ、実践を振り返るなど、読者自ら学びを追究することができます。

目次

1章 相談援助の概要

 1節 相談援助の理論
 2節 相談援助の意義
 3節 相談援助の機能
 4節 相談援助とソーシャルワーク
 5節 保育とソーシャルワーク

2章 社会福祉の制度と実施体系

 1節 社会福祉の制度と法体系
 2節 社会福祉行政と実施機関、社会福祉施設など
 3節 社会福祉の専門職、相談援助の担い手
 4節 社会福祉関連諸制度の概要

3章 ソーシャルワークの共通基盤

 1節 ソーシャルワークの共通基盤
 2節 ソーシャルワークの価値と倫理
 3節 ソーシャルワークに必要な知識
 4節 ソーシャルワークの技能

4章 相談援助の方法

 1節 相談援助の対象
 2節 相談援助の展開過程の概要
 3節 インテーク
 4節 アセスメント
 5節 プランニング
 6節 インターベンション
 7節 モニタリング
 8節 エバリュエーションと終結

5章 相談援助の理論

 1節 ソーシャルワークの実践モデルとアプローチ
 2節 心理社会的アプローチ
 3節 機能的アプローチ
 4節 問題解決アプローチ
 5節 課題中心アプローチ
 6節 危機介入アプローチ
 7節 行動変容アプローチ
 8節 エンパワメントアプローチ
 9節 ナラティブアプローチ

6章 相談援助の具体的展開

 1節 計画・記録・評価
 2節 関係機関との協働
 3節 多様な専門職との連携
 4節 社会資源の活用、調整、開発

7章 個別援助技術(ケースワーク)

 1節 個別援助技術の意義と機能
 2節 個別援助技術の構成要素
 3節 個別援助技術の原則
 4節 個別援助技術の展開過程
 5節 面接、記録、評価
 6節 保育場面と個別援助技術の実際

8章 集団援助技術(グループワーク)

 1節 集団援助技術の意義と機能
 2節 集団援助技術の援助媒体
 3節 集団援助技術の展開過程
 4節 保育場面と集団援助技術の実際

9章 地域援助技術(コミュニティワーク)

 1節 地域援助技術の意義と機能
 2節 地域援助技術の基本的性格
 3節 地域援助技術の具体的実践例

10章 ケアマネジメント

 1節 ケアマネジメントの意義と機能
 2節 ケアマネジメントの構成要素
 3節 ケアマネジメントの展開過程
 4節 ケアマネジメントの具体的実践例

11章 事例分析

 1節 事例分析の意義と方法
 2節 虐待の予防と対応などの事例分析
 3節 障害のある子どもと、その保護者への支援などの事例分析
 4節 コミュニティワークの事例分析

関連書籍