子育ち・子育て支援学イメージ

子育ち・子育て支援学 -保護者支援と子育て支援の理論と実際-

編著 寺見陽子
ISBN 978-4-938795-93-1
体裁 B5判 174頁
刊行 2014年7月
定価 本体2,381円+税

特長

 「子育て支援とは何か」その本質を掘り下げながら、子育て支援のこれからを見通し、子育ち・子育てにかかわる人々のために支援の在り方を解説。実際に行われている支援の紹介や、ワークショップなどの内容も充実しています。

目次

1.子育ち・子育てって何?

1章 子育ち・子育ての原風景

  • 1節 日本における子育ての習俗と歴史
  • 2節 日本の子育ち・子育てにみられる親子関係と家族観
  • 3節 さまざまな民族の子育ち・子育て
  • 4節 習俗・歴史にみる子育ち・子育ての基本

2.どうして子育て支援が必要なの?

2章 現代社会の子育ち・子育て

  • 1節 心理的危機を生み出した生活環境・人間関係の変化
  • 2節 グローバル化がもたらした社会構造の変化
  • 3節 家族・地域の教育力の低下とその背景
  • 4節 子育ちの変容と子育ての不安
  • 5節 少子化対策と子育て支援施策

3.子育て支援って何?

3章 子育て支援の基本

  • 1節 子どもの人権と福祉
  • 2節 少子化と女性をめぐる社会システムの改革
  • 3節 男女共同参画とワーク・ライフ・バランス
  • 4節 子育てと仕事の両立と子育て不安の解消
  • 5節 養育力の向上と家庭・地域の教育力の再生

4章 保護者支援の視点と展開

  • 1節 保護者支援の意義
  • 2節 保護者の育児不安とストレス軽減への支援
  • 3節 保護者のアイデンティティと養育性の獲得への支援
  • 4節 保護者の就労と子育ての両立支援
  • 5節 保護者の生活支援
  • 6節 不適切な養育への対応と地域連携

5章 乳幼児期・学童期の子どもを支援する視点と展開

  • 1節 子どもの発達と育ちをみる臨床的視点と救助の意義
  • 2節 乳幼児期の子どもの発達と親子関係
  • 3節 学童期の子どもの発達と親子関係
  • 4節 乳幼児期・学童期の子どもの養育・教育と大人の役割
  • 5節 子どもの人権とその擁護

6章 課題を抱えた子どもとその保護者の支援

  • 1節 子どもの発達障害の理解
  • 2節 発達的な課題や障がいのある子どもの保護者の心理と理解
  • 3節 療育と特別支援
  • 4節 専門機関との連携
  • 5節 多様なインフォーマルサポートとその視点

7章 家族への支援

  • 1節 家族の定義と機能
  • 2節 現代の家族の変容と課題
  • 3節 家庭支援と家族援助の基本
  • 4節 父親参加とファミリーサポート
  • 5節 ひとり親家庭の支援

8章 次世代育成支援の視点と展開

  • 1節 若者支援に求められるもの
  • 2節 多様な世代の子育て支援
  • 3節 行政・企業・関係機関との連携

4.どうやって支援するの?

9章 子育て支援の実践に生かす諸理論と視点

  • 1節 ソーシャルサポートとしての子育て支援
  • 2節 子育て支援に生かすカウンセリング基礎技術と心理療法
  • 3節 子どもの発達とアセスメント
  • 4節 対人援助技術とコミュニケーションスキル
  • 5節 ソーシャルワークとケアマネジメント

10章 支援システムの構築とネットワークづくり

  • 1節 育児・保育におけるニーズの把握
  • 2節 支援計画とプログラムの作成
  • 3節 インターベンションとエヴァリュエーション
  • 4節 地域資源の活用と専門機関との連携
  • ワークショップ①~⑥

11章 子育て支援の実際

  • 児童館の子育て支援/保健センターの子育て支援/保育所の子育て支援/幼稚園の子育て支援/放課後子ども教室・学童保育の子育て支援/助産師の子育て支援/NPOの子育て支援/療育センターの子育て支援/子育て支援センターの活動/大学の子育て支援/中高生の子育て支援

5.自分を磨こう!

12章 子育て支援における専門性

  • 1節 豊かな人間性と支援者の資質
  • 2節 自己洞察と自己決定
  • 3節 受容と共感
  • 4節 プライバシーの保護と守秘義務
  • 5節 実践と理論の統合