わたしたちの暮らしとソーシャルワークⅠイメージ

わたしたちの暮らしとソーシャルワークⅠ -相談援助の基盤と専門職-

編著 高井由起子
ISBN 978-4-905493-23-5
体裁 B5判 170頁
刊行 2016年2月
定価 本体2,270円+税

特長

 ソーシャルワークの定義や歴史的過程,専門職のありようなど,「相談援助の基盤と専門職」において必要な内容を,「わたしたちの暮らし」とソーシャルワークを結びつけながら解説しています。さらに,重要語句の一覧や演習問題など,学習ページも充実しています。

目次

1章 わたしたちの暮らしとソーシャルワーク

 1節 わたしたちの暮らしとソーシャルワーク
 2節 福祉現場における一事例を通じて考える
 3節 ソーシャルワークの難しさとは
 4節 ソーシャルワークの定義

2章 社会福祉士とは,どのような専門職か

 1節 社会福祉士とは
 2節 社会福祉士が生まれた経緯とその後
 3節 社会福祉士の専門性とは

3章 精神保健福祉士とは,どのような専門職か

 1節 精神保健福祉士とは
 2節 精神保健福祉士が生まれた経緯とその後
 3節 精神保健福祉士の専門性とは

4章 ソーシャルワークの成り立ち

 1節 歴史を学ぶ意義とソーシャルワークの前史
 2節 ソーシャルワークの確立
 3節 ソーシャルワークの発展期
 4節 ソーシャルワークの展開期

5章 ソーシャルワークが大切にすること

 1節 利用者の人権を考える
 2節 利用者の自立支援を考える
 3節 どういう枠組みで支援を考えるか

6章 ソーシャルワークが活用される現場とは

 1節 ソーシャルワーカーの概念と範囲
 2節 福祉行政などにおけるソーシャルワーカーの仕事
 3節 民間の施設などにおけるソーシャルワーカーの仕事
 4節 諸外国の動向から学ぶ

7章 ソーシャルワーカーの目指すところと,そのジレンマ

 1節 専門職倫理の概念
 2節 なぜ倫理綱領が必要なのか

8章 「総合的・包括的な援助」とは

 1節 「総合的かつ包括的な援助」とは何か
 2節 チームアプローチがもたらすもの

資料

 1.ソーシャルワークの定義
 2.ソーシャルワークのグローバル定義
 3.ソーシャルワーカーの倫理綱領
 4.社会福祉士の倫理綱領
 5.社会福祉士の行動規範
 6.社会福祉士及び介護福祉士法(抄)
 7.精神保健福祉士法(抄)

関連書籍