わたしたちの暮らしとソーシャルワークⅡイメージ

わたしたちの暮らしとソーシャルワークⅡ -相談援助の理論と方法-

編著 高井由起子
ISBN 978-4-905493-24-2
体裁 B5判 188頁
刊行 2016年3月
定価 本体2,270円+税

特長

『わたしたちの暮らしとソーシャルワークⅠ』の続編となる本書では,実際のソーシャルワークで必要な技法や知識,体制など,より実践的な内容を取り上げています。読者が身近に感じられるよう「わたしたちの暮らし」と結びつけながら「相談援助の理論と方法」を解説しています。
また,重要語句の一覧表のほか,各章末の事例問題では,本書で学んだ知識を活用し,読者自身が問題に取り組む力を養えます。

目次

1章 わたしたちの暮らしとソーシャルワークの実際

  • 1節 ソーシャルワークとは
  • 2節 身近な事例からソーシャルワークの実際に触れる
  • 3節 ソーシャルワークの種類

2章 ソーシャルワークの実践モデル

  • 1節 人と環境に焦点を当てる
  • 2節 「できること」に注目する

3章 ソーシャルワークのアプローチ

  • 1節 診断主義アプローチを用いた援助
  • 2節 心理社会的アプローチを用いた援助
  • 3節 問題解決アプローチを用いた援助
  • 4節 行動変容アプローチを用いた援助
  • 5節 課題中心アプローチを用いた援助
  • 6節 危機介入アプローチを用いた援助
  • 7節 エンパワメントアプローチを用いた援助
  • 8節 その他のアプローチを用いた援助

4章 ソーシャルワークの過程

  • 1節 過程の概要
  • 2節 ケースの発見とインテークの実施
  • 3節 問題の把握
  • 4節 アセスメントの実施
  • 5節 支援の計画と目標の設定
  • 6節 介入の実施
  • 7節 評価する

5章 ソーシャルワークにおける援助関係

  • 1節 よりよい援助関係を築くには
  • 2節 ソーシャルワークと個人情報の保護

6章 面接技法とは

  • 1節 面接技法の概要
  • 2節 傾聴の技法
  • 3節 面接における非言語的コミュニケーションの重要性
  • 4節 諸外国の動向から学ぶ

7章 ソーシャルワーカーのさまざまな技法

  • 1節 支援を届ける
  • 2節 連携の輪を広げる
  • 3節 社会資源を利用する
  • 4節 ソーシャルアクションの目的と方法
  • 5節 利用者の権利を擁護する
  • 6節 ケアマネジメントの目的と方法
  • 7節 情報通信技術をどう活用するか

8章 ソーシャルワークのスーパービジョンと記録

  • 1節 なぜスーパービジョンを行うのか
  • 2節 記録の方法とその重要性

9章 事例分析とは

  • 1節 なぜ事例分析を行うのか
  • 2節 事例分析の実際

関連書籍