保育実践に生かす保育内容「環境」〔第2版〕イメージ

保育実践に生かす保育内容「環境」〔第2版〕

監修 高内正子
編著 上中 修
ISBN 978-4-905493-11-2
体裁 B5判 カラー口絵2頁 192頁
刊行 2018年3月
定価 本体2,477円+税

特長

 2017年告示の幼稚園教育要領等に対応。保育内容「環境」において必要な基礎・基本的な内容だけでなく、現場の先生方の実践研究にも応えられるよう構成しています。また、章ごとに事例問題や演習問題などを盛り込んでいます。

目次

1章 環境って何?

 1節 環境とは
 2節 子どもと環境
 3節 現代社会における環境の現状と課題
 4節 保育の目的と領域
 5節 領域「環境」の特徴

2章 子どもの育ちと環境にかかわる力の関係って?

 1節 環境を通した保育
 2節 環境にかかわる力と好奇心・探究心
 3節 好奇心を育てる
 4節 探究心を育てる
 5節 応答的環境とは

3章 人とかかわる力はなぜ必要なの?-環境にかかわる力1-

 1節 友だちとかかわる
 2節 友だちとの関係性の発達
 3節 保育者とかかわる
 4節 保育者との関係性の発達
 5節 さまざまな人とのかかわりで育つもの

4章 自然にかかわる力はなぜ必要なの?-環境にかかわる力2-

 1節 自然の不思議さに触れる
 2節 自然を取り入れて遊ぶ
 3節 季節の変化を感じる
 4節 命を感じる環境
 5節 命を大切にする保育

5章 ものや道具にかかわる力はなぜ必要なの?-環境にかかわる力3-

 1節 園具・教材・教具の意味と役割
 2節 ものや道具を工夫して使う
 3節 ものや道具を目的に合わせて使う
 4節 ものや道具を大切にする
 5節 ものや道具を使ってさまざまな表現を楽しむ
 6節 ものや道具を使って園生活を快適に過ごす

6章 日常生活の中での興味・関心はなぜ必要なの?-環境にかかわる力4-

 1節 文字や記号にかかわる
 2節 数量や形にかかわる
 3節 時間や季節にかかわる
 4節 法則性や因果関係を捉える
 5節 情報にかかわる
 6節 地域の文化にかかわる

7章 どうやって環境を構成していけばいいの?

 1節 環境構成とは
 2節 環境の再構成とは
 3節 環境構成の実際
 4節 環境の再構成の実際

8章 子どもにとって安全な環境づくりって?

 1節 安全能力の形成
 2節 安全能力を育てる保育
 3節 安全教育の実際
 4節 防災教育の実際
 5節 環境の安全点検

9章 「食と農」の教育って何?

 1節 食と農の現状
 2節 食育とは,食農保育とは
 3節 食と農の直接体験で育つ力
 4節 食育と食農保育の実際

10章 身近な植物への関心を高めるにはどうすればいいの?

 1節 自然の中の身近な植物
 2節 春植えの花の栽培活動
 3節 秋植えの花の栽培活動
 4節 春植えの野菜の栽培活動
 5節 秋植えの野菜の栽培活動

11章 身近な小動物への関心を高めるにはどうすればいいの?

 1節 子どもと虫
 2節 子どもと鳥
 3節 子どもと小動物
 4節 飼育活動の現状と課題

12章 領域「環境」の実践力は,どうやって高めていけばいいの?

 1節 隠れたカリキュラム
 2節 子どもを見る,理解するということ
 3節 領域「環境」の実践力を高めるために
 4節 保育者を志す皆さんへ

資料

・幼稚園教育要領(抄)
・保育所保育指針(抄)
・幼保連携型認定こども園教育・保育要領(抄)