デザインする保育内容指導法「言葉」イメージ

デザインする保育内容指導法「言葉」

編著 田中 謙
新保育士養成課程準拠
ISBN 978-4-909378-09-5
体裁 B5判 184頁
刊行 2019年7月
定価 本体2,000円+税

特長

 教職課程コアカリキュラム、保育士養成課程に対応した科目「言葉領域指導法」のテキスト。
・各章の「図解」と、各項の「Point」で理解度アップ。
・章末には、デザイン思考等を用いた「振り返り学習」を掲載。
・幼稚園教育要領等の全文を掲載した小冊子付き。

目次

理論編

第1章 「ことば」とは

 1節 「ことば」と保育の関係とは
 2節 社会における「ことば」とその機能とは

第2章 子どもと「ことば」の関係とは

 1節「ことば」の意義を考える
 2節「ことば」の機能を考える

第3章 領域「言葉」とは

 1節 領域「言葉」の特質を考える
 2節 領域「言葉」と他領域の関係性を考える

実践編

第4章 胎児〜0歳児の発達と,クラスにおける保育実践

 1節 胎児〜0歳児の発達
 2節 0歳児クラスにおける保育実践と,そのポイント
 3節 発達と評価の観点

第5章 1〜2歳児の発達と,クラスにおける保育実践

 1節 1〜2歳児の発達
 2節 1〜2歳児クラスにおける保育実践と,そのポイント
 3節 発達と評価の観点

第6章 3歳児の発達と,クラスにおける保育実践

 1節 3歳児の発達
 2節 3歳児クラスにおける保育実践と,そのポイント
 3節 発達と評価の観点

第7章 4歳児の発達と,クラスにおける保育実践

 1節 4歳児の発達
 2節 4歳児クラスにおける保育実践と,そのポイント
 3節 発達と評価の観点

第8章 5歳児の発達と,クラスにおける保育実践

 1節 5歳児の発達
 2節 5歳児クラスにおける保育実践と,そのポイント
 3節 発達と評価の観点

第9章 領域「言葉」と保育の環境構成とは

 1節 領域「言葉」と保育の環境構成を考える
 2節 「ことば」を豊かに育む保育の環境とは
 3節 保育の環境構成における評価の観点

応用編

第10章 保育におけるICTの利活用とは

 1節 「AI」「IoT」などによる社会変革の歩み
 2節 社会変革の中での子どもの発達と「ことば」

第11章 ダイバーシティ・インクルージョン社会と保育とは

 1節 ダイバーシティ・インクルージョン社会の進展
 2節 ダイバーシティ・インクルージョン社会における子どもの発達と「ことば」

第12章 「ことば」を育む児童文化財とは

 1節 「ことば」の発達と児童文化財
 2節 絵本の「読み取り」と紙芝居の「演じ方」

第13章 小学校へのつながり

 1節 「ことば」の発達のつながりを考える
 2節 接続期カリキュラムによる小学校との接続を考える

関連書籍