新・保育内容総論イメージ

新・保育内容総論  保育って,おもしろい

編著 前田 和代
新保育士養成課程準拠
ISBN 978-4-909378-50-7
体裁 A5判 カラー口絵4頁 本文168頁
刊行 2022年8月
定価 1,800円(本体1,636円+税)

特長

  • 理論と実践がつながるおもしろさを経験できる1冊!
  • 具体的な実践につながる保育内容の理論を学ぶことを目指し,それらを各場面から,事例を通して理解していきます。
  • 「自分が保育者だったら」「自分が子どもだったら」と常に考え,グループワークやロールプレイを通して理論と実践のつながりを学んでいきます。

目次

1章 「保育内容」をどう捉え,どう実践につなげるか

  • 1節 「保育内容」をどう捉え,どう実践につなげるか
  • 2節 「領域」をどう捉え,どう実践につなげるか
  • 3節 「保育内容の歴史的変遷」をどう捉え,どう実践につなげるか

2章 遊びをどう捉え,保育をどう実践するか

  • 1節 乳児の遊びをどう捉え,保育をどう実践するか
  • 2節 3歳未満児の遊びをどう捉え,保育をどう実践するか
  • 3節 3歳以上児の遊びをどう捉え,保育をどう実践するか

3章 生活をどう捉え,保育をどう実践するか

  • 1節 乳児の生活をどう捉え,保育をどう実践するか
  • 2節 3歳未満児の生活をどう捉え,保育をどう実践するか
  • 3節 3歳以上児の生活をどう捉え,保育をどう実践するか

4章 活動・行事をどう捉え,どう実践するか

  • 1節 活動をどう捉え,どう実践するか
  • 2節 行事をどう捉え,どう実践するか

5章 環境をどう捉え,どう構成するか

  • 1節 さまざまな環境をどう捉えるか
  • 2節 環境を通して行う保育を,どう実践するか

6章 保育内容を計画し,実践し,評価するには

  • 1節 遊びをどう計画し,どう実践するか
  • 2節 活動・行事をどう計画し,どう実践するか
  • 3節 指導計画をどう評価し,次の保育につなげるか

7章 さまざまな配慮を必要とする子どもの保育とは

  • 1節 障害のある子どもの保育をどう捉え,どう実践するか
  • 2節 外国にルーツのある子どもの保育をどう捉え,どう実践するか
  • 3節 多様な環境における子どもの保育をどう捉え,どう実践するか

8章 小学校との接続・連携をふまえた保育とは

  • 1節 教育要領・保育指針における小学校との接続・連携をどう捉えるか
  • 2節 具体的にどう接続・連携していくか

9章 多様化する社会に,保育はどう対応するか

  • 1節 保育を取り巻く社会状況をどう捉えるか
  • 2節 なぜ,保護者や地域・関係機関との連携が必要なのか
  • 3節 具体的にどう連携していくか

10章 保育者の専門性を向上させるには

  • 1節 クラス経営,個と集団をどう捉え,どう実践するか
  • 2節 保育者の質をどう向上し,保育者同士でどう連携するか

関連書籍